レイキの歴史について
             
 
    レイキは臼井甕男(ウスイミカオ1865~1926氏が1922年
    京都の鞍馬山で断食瞑想を行い、体得したヒーリング方法です。
    そして、このヒーリング方法を多くの人に役立てようと、
    臼井霊気療法学会を設立しました。
    この頃レイキは広まり、実践者は数万人いたと伝えられています。

    その後、臼井先生から伝授を受けた軍医の林中次郎は、東京信濃町に治療院を開業します。
    ここには8台の治療台と16人のレイキ療法家がおり、盛況だったとのことです。
    この林中次郎の霊気療法は山口千代子へと継承され、今も直伝霊気として伝えられています。
    この直伝レイキは、今のようなヒーリングという要素ではなく、
    治療という意味合いが強いものです。

    その林中次郎から、神秘伝(マスターコース)を受けた人の中に
    日系二世のハワイの高田はわよがいました。
    彼女は難病のために手術で日本を訪れていましたが、手術を受けることをやめ、
    林治療院にて難病を克服します。
    その後、高田はわよは林中次郎のところに弟子入りし、
    1年間ここでインターンとして働いた後、ハワイに戻り、
    そこでレイキを広めることに貢献します。

    その後、レイキはドイツやオーストラリアなど世界各地に広まってゆきました。
     
    日本では、戦後、レイキは忘れ去られてしまっていましたが、
    1980年代になって、逆輸入という形で入ってきています。

             
                           @kurama
          
          臼井先生が修行をした鞍馬山は、過去に多くの方が修行をして、悟りを得たり、
          メッセージを受け取ったりしている、とても波動の高いところです。
          私も2007年に、ここを初めて訪れましたが、とても強いエネルギーを感じました。
          レイキを学んだ方は、もし機会があればぜひ訪れてみてくださいね。


戻る
 
日本語HOMEへ